外壁のデザインを考えるときのポイントとは?デザイン例もご紹介します

外壁のデザインは、素材や色、ツートンカラーなど、悩むところが沢山あります。
何から決めれば良いのか、どうしたら理想の雰囲気に近付けられるのか、分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、外壁をデザインするときのポイントと、デザイン例をご紹介します。

□外壁をデザインするときのポイントをご紹介

以下より、外壁をデザインするときのポイントをご紹介します。

1番目は、外観のテーマを決めることです。
最初にテーマを決めておくと、使う色が決めやすくなります。
テーマの例については、2つ目の見出しで紹介します。

2番目は、色数を抑えることです。
好きな色をふんだんに使いたい、という気持ちもあると思いますが、外壁に色を使いすぎてしまうと、全体にまとまりが感じられない外観になってしまいます。
そのため、多くても3色までに抑えることをおすすめします。

3番目は、アクセントを加えることです。
先程申し上げたように、3色で構成する場合は、基本となるベースカラー・サポートカラーにアクセントカラーを取り入れると良いでしょう。
外観を一層おしゃれに仕上げられます。
また、色だけでなく、部分的に別の素材を使ってアクセントを加える方法もおすすめです。

4番目は、ツートンカラーを利用することです。
ツートンカラーとは、外壁を2色で塗り分けることを指します。
色の組み合わせはもちろん、上下で塗り分けたり凹凸部分で塗り分けたりなど、工夫によって様々な雰囲気が演出できます。

□外壁のデザイン例をご紹介

以下より、主な外観のデザイン例をご紹介します。

1つ目は、木目調スタイルです。
全体に、または部分的に木目柄の外壁材を取り入れることで、ログハウスのような落ち着きのある雰囲気を演出します。

2つ目は、モダンスタイルです。
直線的な形状と、無機質な色を組み合わせてスタイリッシュなデザインに仕上げます。

3つ目は、ナチュラルスタイルです。
ホワイトやベージュなどのアースカラーと、石や木などの自然素材を組み合わせるデザインで、周囲の景観にも馴染みやすいでしょう。

4つ目は、クールスタイルです。
黒やネイビーなどのダークカラーと、光沢感のある素材を組み合わせて、クールさや高級感を演出します。

□まとめ

今回は、外観のデザインをするときのポイントや、デザイン例をご紹介しました。
理想のイメージを膨らませられたのではないでしょうか。
当社では、お客様の理想の住まいを実現できるように精一杯努めさせていただきます。
リフォームをご検討の際は、お気軽にご相談ください。