外壁塗装を検討されている方必見!ベージュのメリットや選ぶときの注意点をご紹介

外壁塗装を一度行うと、基本的に耐用年数をむかえるまでは色を変えることはないので、失敗したくないところです。
それぞれの色の機能や特徴、注意点を事前に把握しておくことで、そのような失敗は避けられます。
今回は、外壁の色をベージュにするメリットや、選ぶときの注意点をご紹介します。

□外壁の色をベージュにするメリットとは?

以下より、外観の色をベージュにするメリットをご紹介します。

1つ目は、汚れが目立ちにくい点です。
外壁の汚れは、砂ぼこりや土ぼこりなど、白っぽい色のものが多いです。
汚れにくいと思いがちな黒は、外壁では逆に目立ちやすい色と言えます。
そのため、ベージュの方が汚れが目立ちにくいと言えるでしょう。

2つ目は、周囲の景観に溶け込みやすい点です。
外壁の色がベージュの住宅はとても多いので、周囲の景観にも自然と馴染むでしょう。

3つ目は、家が実際よりも大きく見える点です。
膨張色のひとつであるベージュで塗装すると、実際の大きさよりも少し大きく見せられます。

4つ目は、様々なデザインに合わせやすい点です。
例えば、和風デザインや洋風デザインなど、正反対の雰囲気のデザインにも使いやすいです。
そのため、何色にするか迷われている方は、一度ベージュを検討してみてはいかがでしょうか。

□ベージュを選ぶときに注意するポイントとは?

以下より、外壁の色にベージュを選ぶとき注意するポイントをご紹介します。

1つ目は、カラーシミュレーションを行うことです。
外壁塗装の色は、基本的に色見本を見ながら決めます。

しかし、色見本だけで決めてしまうと、完成後にイメージと違うように見えてしまうことがあります。
特にベージュは、他の色よりも種類が豊富です。
そのため、小さな色見本で見たときは多少の違いに見えていても、実際に塗装すると大きな差が現れてしまいます。

また、塗装の範囲や太陽の反射によってもイメージと異なるように見えてしまう可能性があります。
このようなことを避けるために、カラーシミュレーションを行うことをおすすめします。

2つ目は、ツヤの有無や加減を、慎重に検討することです。
ベージュに限って言えることではありませんが、ツヤの有無や加減は、外観のイメージを大きく左右します。
そのため、 自分のしたいイメージにはどちらが合うのか、しっかり考えましょう。

□まとめ

今回は、外壁の色をベージュにするメリットや注意点をご紹介しました。
種類豊富なベージュは、どんな雰囲気の家にも合わせやすいので、一度検討してみてはいかがでしょうか。
外壁塗装について、なにか疑問やお困りごとがございましたら当社までお気軽にご相談ください。