外壁をネイビーにするメリット・デメリットとおすすめの配色をご紹介します!

おしゃれでスタイリッシュな印象のあるネイビーの外壁が気になっている方は多いのではないでしょうか。
ネイビーの外壁はデザイン性が優れているだけでなく、機能性にも優れています。

そこで今回は、外壁をネイビーにするメリット・デメリットと、ネイビーと相性の良い色をご紹介します。
ぜひ、お役立てください。

□ネイビーの外壁のメリット・デメリット

では早速、外壁をネイビーにするメリット・デメリットをご紹介していきます。

*外壁をネイビーにするメリット

1つ目は、重くなりすぎない点です。
黒では重い印象になりすぎてしまうのではないかと不安な方でも、ネイビーは青みが入っているため爽やかな印象が与えられます。

2つ目は、他の色を組み合わせることで雰囲気を変えられる点です。
ネイビーは、シックな雰囲気の家にも、カジュアルな雰囲気の家にも合わせられます。
他にも、色やデザインの組み合わせによって、様々な雰囲気が演出できる点が魅力です。

3つ目は紫外線に強い点です。
ネイビーは、暗い色の中でも紫外線を反射する効果が比較的強い色です。
紫外線が原因で起こる色落ちが少なく、メンテナンスが楽で費用も抑えられるため、黒を希望する方は一度ネイビーも検討してみることをおすすめします。

*外壁をネイビーにするデメリット

1つ目は、土やほこりなどの汚れが目立ちやすい点です。
ネイビーは土ぼこりとの色の差が出やすいため、他の色よりも汚れが目立ってしまいます。
対策として、定期的に洗浄することをおすすめします。

2つ目は、ツヤが出やすい点です。
ネイビーは色の反射が目立ってしまい、塗料のツヤが他の色よりも出やすいです。
落ち着いた雰囲気の家にしたい場合には合わない可能性があります。

□ネイビーの外壁と相性の良い色は?

北欧風や、スタイリッシュな雰囲気の家にしたい方は白を組み合わせることをおすすめします。
白は、ネイビーと組み合わせるときに1番定番の配色です。
トーンやバランス次第でさまざまな雰囲気が楽しめます。

大人っぽく、洗練された雰囲気の家にしたい方はグレーと組み合わせると良いでしょう。
部分的に白を足すことで明るさも加わります。

また、レンガや木目調を取り入れてブラウンと組み合わせることもおすすめです。
自然の温かさと落ち着きが感じられる家に仕上がります。

□まとめ

今回は、外壁をネイビーにするメリット・デメリットと、おすすめの配色をご紹介しました。
ただおしゃれなだけではないネイビーの魅力に気づいていただけたのではないでしょうか。
当社では、千葉県全域の塗装工事に対応いたします。
外壁塗装を検討されているときは、ぜひ当社までお問い合わせください。