外壁の色選びに困っている方必見!人気ランキングをご紹介!

10年に1度の外壁塗装で、失敗はしたくありませんよね。
今回は外壁の色に迷っている方に向けて、色選びに失敗してしまう理由を解説します。
さらに、人気の色もランキング形式で紹介するので、皆様の外壁の色選びの参考になれば嬉しいです。

□外壁塗装で失敗してしまう理由とは

*イメージと違う

色には面積効果があり、実際に見る小さい色味と比べて、明るい色はより明るく暗い色はより暗く見えます。
そのため、家全体で見たときに想像していた色味と違うと感じることがあります。
そうならないためには、昼と夕方に実際に何件か家を見て回り、参考となる色味を見つけることがおすすめです。

また、色はその相対性により劇的に見た目が変化します。
そこで、ご近所の家の色味も意識して考えることで、調和の取れた外壁塗装が可能となります。

*付帯部や玄関、サッシの色と合っていない

外壁色が決まったら、付帯部の色味や塗り替える部分、変えられない部分、見える面積が広い付帯部などを確認しましょう。
アルミサッシは塗り替え不要の場合が多いため、色は塗装後も変わらないことが多いです。

一方で、他の雨樋や軒等は外壁塗装すると同時に塗り替える方も多いと思います。
アクセントカラーとして全体を締めるのか、調和させるのかを考慮した上で色を選びましょう。
色選びには自分の家を元にしたカラーシミュレーションがおすすめです。

□外壁塗装で人気の色

1位は、王道のベージュです。
シンプルで、街並みにも馴染みやすいベージュは、高い人気を誇っています。
街中でも、見かけることが多いのではないでしょうか。
白い外壁では汚れが目立ちやすいですが、ベージュはそこまで目立たないということも人気の理由です。

2位は、温かみのあるオレンジです。
外壁塗装における暖色は濃い色ではなく、薄めの色がよく使用されます。
安心感と温かさを演出できる薄いオレンジは、ベージュに次いで2位にランクインしました。

三つめはブラウンです。
落ち着いた印象を持つブラウンを用いれば、高級感を演出できます。
しかし一口にブラウンといっても、その色合いは様々です。
ブラウンを選ぶ際は業者の方にカラーサンプルを作ってもらい、慎重に色選びをしましょう。

四つ目はブルーです。
クールでさわやかな印象を演出するブルーは、年々人気が高まっています。
しかしブルーはベージュ系と比較すると合う色が限られるので、それに合わせる色も考慮し選択しましょう。

□まとめ

今回は、外壁の色選びに失敗してしまう理由の解説と、人気色をご紹介しました。
色は家の表情を決める重要な要素です。
当社では、皆様が納得して色選びができるようサポートしていますので、ぜひお気軽にご相談ください。