外壁の色選びで失敗が多い理由とは?失敗しないポイントもご紹介!

外壁の色は建物の表情を決める重要な要素です。
そんな外壁の色選びに失敗したくありませんよね。
今回は、外壁の色選びによる失敗が多い理由を解説します。
また、後半では色選びに失敗しないためのポイントも解説するのでぜひ最後までご覧ください。

□外壁の色選びによる失敗が多い理由

*仕上がりを確認できないから

家は、車などのように完成前にその仕上がりを確認できません。
また、家の外壁は色だけでなく、その凹凸やシルエットによって表情が変わります。
そのため、カラーサンプルで見ていたものと、実際の外壁とでは印象が異なることが失敗に繋がってしまうのです。

*経年変化を予測しにくいから

完成直後はその色に満足していても、築年数が経過するに連れて日焼けや汚れといった経年変化が目立つようになることがあります。
こういった経年変化は予測することが難しいため、失敗につながることがあります。

□外壁の色の選び方で失敗しないためのポイント

仕上がりのイメージを現物になるべく近づけるためには、大きなカラーサンプルで選ぶこと、カラーシミュレーションを活用しサッシやドア・屋根との相性を考えること、実際の建物を参考にすることなどが必要になります。

色は面積効果という、明るい色は大きいほど明るく見え、暗い色は大きいとより暗く見えるという効果を持ちます。
それによる印象の違いを防ぐためには、なるべく大きいサイズのカラーサンプルを用いることがおすすめです。
大きなカラーサンプルを外壁に立てかけて見てみると、艶や凹凸、陰による見え方の違いなどもチェックできます。

また、カラーシミュレーションを使えばサッシやドア、屋根との相性のイメージを掴みやすくなります。
しかしパソコンの種類やディスプレイの色彩設定によって見え方が変わるため、シミュレーションの色を鵜呑みにせず、気になっている外壁の色で実際に施工した建物があれば、実際に見に行ってみましょう。
晴れて日がよく当たるときの見え方と、雨や曇天のときの見え方なども合わせてチェックしておくとなお良いでしょう。

□まとめ

今回は、外壁の色選びによる失敗が多い理由と、色の選び方で失敗しないためのポイントを解説しました。
当社では、A4の見本版を用いてお客様に色を確認していただくなど、お客様が色選びに失敗しないよう様々サポートしております。
色選びやその他塗装に関して、気になることがございましたらご気軽にお問い合わせください。